早めの駆除~様々な害獣や害虫にアテンションプリーズ~

ハクビシン

勝手に捕獲できない厄介な害獣

近年では都市化の進行で人間と動物の接触が増え、今までになかったタイプの鳥獣害に悩まされる機会も増えるようになりました。ハクビシンによる被害もその1つです。 ハクビシンはジャコウネコ科の動物で、外来種と考えられていますが日本に渡ってきた経緯はよく分かっていません。現在ではほぼ日本全国において生息が確認されています。 ハクビシン駆除は誰にでもできるというものではありません。成体では体長は50〜70cmとかなりのサイズになり、また動きも素早いため素人の手に負えるものではありません。その上野生動物であるため法律上勝手な捕獲が許されず、自治体への許可申請などの手続きが必要です。適切にハクビシン駆除を行うには、専門の動物駆除業者に依頼するのが賢明です。

最近では住宅地でも被害報告が

ハクビシンによる人間への害は、かつては畑の作物を荒らすといった農作物に関するものが大半を占めていました。しかし現在では住宅地などにも出没し、人家に被害を与える例が多数報告されています。 具体的な被害例としては、屋根裏に棲みついて断熱材等を引き裂いてしまう、糞尿で建材を腐らせる、夜間に鳴き声をあげて騒音をもたらすといったものがあります。また、ノミやダニを媒介することもあります。 ハクビシン駆除の方法には、箱わなを設置して捕獲する、忌避剤を散布して近づかないようにするといったものがあります。庭や畑などを電気柵で囲うという方法も有効です。また、天井裏や軒下をチェックして、侵入口になるような箇所を封鎖するのもハクビシン駆除の対策の1つです。