早めの駆除~様々な害獣や害虫にアテンションプリーズ~

被害を抑える

南京虫の被害が増えています

南京虫はトコジラミとも呼ばれるカメムシ目の昆虫です。小さな虫ですが吸血性で、咬まれると非常にかゆい思いをすることになります。戦後日本では強力な殺虫剤が使用されるようになり南京虫駆除が進み見かけなくなっていましたが、最近海外などからも持ち込まれるようになり再び増加しています。日本各地で発生しており、被害が拡大しつつあります。 暗くて狭い隙間などに集団で生息し、主に夜間になると活動を始めて吸血します。寝ている間に襲われることになり強いかゆさもあって、命に別条はないとは言え、その被害はたいへんなストレスです。 昔よりも生活としては衛生状態がよくなりましたが、海外などから持ち込まれる機会が増えたためこれからも被害が増える可能性があり、南京虫駆除は切実な問題です。

南京虫駆除の専門業者が安心です

駆除する方法はいくつか考えられます。虫なので高温に弱いため熱を利用する、殺虫剤を使用するなどの方法がありますが、家具の隙間や壁の裏などに入ってしまっていて容易ではありません。自力で完全に退治するのはかなり困難だと思って良いでしょう。 特に最近海外等から持ち込まれた南京虫の中には市販されているピレスロイド系の薬剤に耐性があるものがいるようです。徹底的に駆除するためには南京虫駆除の専門業者に相談するのが一番良い方法です。 南京虫駆除の専門業者では相談や見積もりを無料でおこなってくれるところもあるようです。実績のある信頼できる業者が良いでしょう。また、24時間受け付けなど素早く対応してくれる業者ということも大切です。