早めの駆除~様々な害獣や害虫にアテンションプリーズ~

感染源

現在行われているコウモリ駆除

コウモリと聞くと多くの人は人里離れた山奥などに生息しているイメージを持ちますが、実際には街中でも普通に見られる動物です。 今回はそんなコウモリが人家に住み着いてしまった場合に、現在行われているコウモリ駆除の方法を見ていきます。 そもそもコウモリは陽が沈むころに活動を始めて夜の間に餌をとり、日中は暗い洞窟や木の洞などを住処としています。 そんなコウモリにとって人家の屋根裏は雨露をしのげる上に暗く、天敵に襲われる心配のない住処として格好の条件を満たしています。 コウモリが住み着いてしまった場合に起きるトラブルは、騒音被害や悪臭などがあげられます。更にいえば野生動物には感染症などを媒介する危険性があるので、衛生上そのままにしていてよいものではありません。 ただコウモリは虫を主食としている点で言えば、益獣という側面もあるのでただ単に捕獲して処分するような手段はあまり用いません。 基本的にはコウモリが嫌がる薬品などで追い出して、侵入口を塞いで再びコウモリが入れなくすることが、現在行われているコウモリ駆除の方法です。

コウモリの駆除を依頼する

コウモリが自宅の天井裏などに住み着いてしまった場合は、どう対応したらよいのでしょうか。 中には、個人でコウモリ駆除を行おうとする人もいると思います。一応市販でもコウモリが嫌がる匂いのするスプレーなども売っていますが、それだけでは一旦離れてもまた戻ってきてしまう事になりかねません。コウモリを追い出した上で侵入口となる隙間を塞いでしまわなければ、根本的な解決には至らないのです。 侵入口を塞ぐと簡単に言っても、実際作業現場は狭く暗い天井裏などです。しかもコウモリは体が小さくて、ちょっとした隙間でも入ることが可能です。そうした隙間をすべて塞ぐだけでも結構な労力です。さらにコウモリは日本の在来種であり、鳥獣保護法によって保護されている動物です。 そうした事情から自宅にコウモリが住み着いてしまったなら、コウモリ駆除を専門とする害獣駆除業者に依頼するのが確実です。害獣駆除を行っている業者であれば、基本的にどこの業者でもコウモリに対応してくれます。また大手の業者では、専門にサービスを展開しているとこもあります。